今後のお金の価値

asayake1

 

日本は現在インフレ目標を定めてどんどんインフレにしようと頑張っています。

 

そうする事で、経済の潤滑油であるお金がどんどんまわって経済が活性化するし、

給料も上がるし、何より日本の借金の価値は相対的に下がるしいい事尽くめに思われます。

 

まあ、なんとなく分かりますが、しかしこれはかなりの諸刃の剣で、

インフレが行き過ぎてハイパーインフレになる危険もありますし、

そもそもインフレになるって事は貯金の価値が減るって事です。

 

そうなると事実上、貯金大国日本の財産価値を下げる方向にしている訳でこのバランスが難しいわけです。

 

では、貯金だと価値が減るならと財産をすべて株や不動産や金(ゴールド)なんかの

お金以外で持つべきかというとそれはそれで価値の変動要因はもっと高まってしまいます。

 

そこで今回は預金封鎖の話を元に、お金や物の価値をどの様に考えるべきか

というところを記事にしたいと思います。

 

 

預金封鎖の歴史

jidoudoa1

 


戦中戦後の1944年-1946年、日本は大戦中の戦費調達の為の国債発行により財政が著しく悪化していました。

 

そこで債務返済とインフレ抑制を目的に日本政府は突然、預金封鎖を実行しました。

 

預金封鎖のやり方としては、預金を下ろせなくすると同時に旧円から新円の切り替えを行いました。

旧円はすべて銀行に預金させて、もし、タンス預金のまま隠していた場合は新円に切り替えられず、

紙切れになってしまうというやり方です。

 

そして国民から預金させたお金や不動産などの資産を計算し、

財産税として最大90%の税金を掛けました。

というか、要は没収です。

 

これは結果的に、良くも悪くも格差社会では無くなったのかも知れませんが、

よく政府は暴動なしに実行出来たと思います。

(GHQがいたからうまくいったとの話もあります)

 

もちろんこの預金封鎖が現代で起こる可能性は低いと思いますが、

実際に過去の事実として知っておいて損はないと思います。

 

また、預金封鎖は政府に没収されたという気持ちになりますが、

ハイパーインフレだったらどうでしょう?

 

政府も困ってるし被害者です、なんて言いかねないですよね。

 

 

ハイパーインフレと紙幣価値

100en

 

ハイパーインフレとは、お金の価値が急激に下がって、物の価値が著しく上がってしまうという事です。

 

ハイパーインフレになった海外の話。

例えばパンが1つ1億円になってしまい、リアカーにお金を詰めて買いに行くと、

ちょっと目を離した隙にお金を全部捨てられてリアカーだけ盗まれるという暮らしになるそうです。

1億円よりもリアカー(物)の価値の方がはるかに高いっていう状態なんですね。

 

お金を燃やして焚き火とかもあったそうですが、想像がつきますでしょうか?

 

もちろんそれまで頑張って貯めた貯金も1億円均一ショップみたいな感じで

消しゴムを一つ買える程度になるかも知れません。

 

要は、円の価値というのは未来永劫的に不変なものではないという事が言いたいのです。

だからって貯金を否定する訳でもありません。

というか貯金は大事です。

 

どっちなんだよ、って言われてしまうかも知れませんが、

今の日本は円の価値を絶対的に考えている人が多い気がするので、

価値が無くなる事もあるかもって思って欲しいという事です。

 

じゃあ、どうするかという事ですが、

例えば海外の人は貯金の半分くらいは投資しているのは普通です。

それが正しいとかではなく日本とは明らかに違いますよね。

 

ただ日本でも持ち家として現金以外の資産を持っている方が多いと思いますが、

将来的に資産価値がしっかり維持出来れば素晴らしいです。

 

もし預金以外は何も資産が無いとしたら、確かに世界から見れば円は安全資産と

言われて有事になると買われやすいですが、決して絶対的ではありません。

 

日本で大規模な震災や戦争なんかになってしまうと売られる要素は十分にある訳です。

 

 

まとめ

kaigan3

 

結論としては、

 

・自分にとって必要と思われる分の貯金
・資産の分散化
・収入に繋がるスキルのアップ

 

やはりまずは貯金。よく年収の半年分は貯金しましょうと言われますが、必要額は家族構成や

その人の状況次第ですのでいくらがベストというのはありません。

 

そして資産の分散化だと思います。分散と言っても単にお金以外の金融資産にするという

有形なものだけではなく無形なもの、例えば自分の収入になるスキルとかですよね。

価値のあるスキルは誰かに奪われたり、暴落とかもし難いです。

 

なかなかこれらの余裕資産を貯めたり、スキルを付けたりというのは自分もまだまだ

難しいのですが、始めから考えないよりは日々少しづつでも考えたり行動したりする事が

大切なのではないかと思いまとめてみました。

 

最後に、


『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』
チャールズ ダーウィン

 


自分は強くて賢くて変化できる人になりたい!

 

このお話が何かのお役に立てれば幸いです。