脱サラ後について

burugai001

 

前回、前々回と脱サラのタイミングと資金的準備のお話をしました。

今回は、実際に脱サラしてどうだったのかをお話をしたいと思います。

 

 

特に脱サラする前と、した後では思い通りだった事とそうではなかった事がいくつかありました。

 

一番大きく感じた部分は、良くも悪くも時間的自由が半端なかった事です。

 

当たり前と言えば当たり前なのですが、会社を辞める前までは自分は、

かなり自発的に行動出来ると信じていましたが、

実際に、いつ、どこで、何をやってもいい状況というのはかなり自制心が必要なのだと分かりました。

 

相当に自分のルールなり環境を整えないと人間って動かないものなのだと分かりました。

 

1日はたっぷりあるんだし、とりあえずちょっと違う事をしてから仕事に取り掛かろうかな、

なんて考えているとあっという間に1日が過ぎてしまいます。

 

始業のチャイムなんかは当然鳴りませんのでとりあえずソファに座ってテレビや新聞見てからとか、

とりあえずネットサーフィンしてからなんてやっていると、あっという間に夢心地です。

 

ですので、特に脱サラ後の最初は、会社に行っている状況に近い環境作りが大切だと思います。

 

私の場合は毎日9時にいつもの喫茶店に行き必ず最低4時間はノートPCで仕事すると決めてやっていました。

 

これが出来ると家に帰ってからも、あの作業が家じゃないと出来ないとか、

これもやらないといけないという感じで帰るのでそのままやる気が持続する事が多かったです。

 

1年間の実績

gurafu001

 

そんな感じで実際に取り組んでいた内容はネットを使った輸入物販なのですが、

約4ヶ月で月利10万円、その後4ヶ月で月利30万円、その後3ヶ月で月利50万円と

約1年で脱サラ時に目標としていた収入にする事が出来ました。

 

独立にも様々なジャンルがあると思いますが、

特に物販系はある程度の資金かクレジット枠があれば結果が出るのが早いと思います。

 

また、時間的余裕によって子供との時間、家族の時間がたくさん出来た事が何よりの幸せを感じます。

 

まだこれから事業を継続していく大変さがありますが、

少なくても現時点では本当に脱サラして良かったと思います。

 

脱サラをお勧め出来るか?

hyousiki001

 

脱サラ、起業は人生の大きな決断ですので、迷っている状態なら即決すべきではありません。

 

特に、サラリーマン時代とは違うリスクやプレッシャーがありますので、結構人によってマインド的な

向き不向きもあると思いますので、間違っても安易にはお勧めできません。

 

少なくとも下記項目を改めて入念に確認すべきです。

 

・独立資金と金銭的余裕はどれくらい必要か

・独り身ではない場合、家族の同意、説得は十分か

・少額でも稼いだ実績があるか

・うまくいかなかったり、失敗した場合の方策はあるか

 

繰り返しますが、準備が不十分な状態での脱サラは

絶対にお勧めしません。

 

このお話が何かのお役に立てれば幸いです。